4回東京2日 4R メイクデビュー東京 ラスール 優勝!

アネモネステークス結果・コメント

アネモネステークス・レース結果

 東の桜花賞への最終切符であるアネモネステークスが終了いたしました。ベッラノーヴァは9着と桜花賞出走はならず、一方でアナザーリリックとジネストラのクラブ馬2頭が桜花賞への出走権を獲得いたしました!是非、桜花賞でも好走を期待したいですね!

全着順

 アネモネステークスの全着順は以下の通りです。

 ペースが速くなり前半600mを33.9秒で通過し結果として後方待機で馬場のいいところを選べた馬が利する形となりました。その中でアナザーリリックは素晴らしい末脚を見せ、一方前に行ったジネストラは先行勢で唯一残った点は底力を見せつけた結果となったのではないでしょうか。

クラブ馬コメント

 ※ベッラノーヴァ 金成貴史調教師
 「馬場に泣かされてしまいましたね。道中は勝ち馬と2着馬のちょうど間を走るような感じで、悪くないポジションで運べていたと思います。ただ、ノメりながらの追走になってしまったようで、ジョッキーも馬場の良いところを選んで走らせてくれたものの、最後はベッラノーヴァの持ち味である切れる脚を使うことが出来ませんでした。もう少しパワーで押して行く様な走法であれば対応できたのでしょうが、この馬は軽い走りをするタイプですし、下が硬いところで最後シュッとした脚を使えるのが武器ですからね。石橋脩騎手も『これならと思って追い出したのですが、最後はジリジリとした脚色になってしまいましたね。馬場が良ければもっと切れる脚を使えていたと思いますし、上位争いにも加われていたと思います』と悔しそうに話していました。でも、前走は無理せず後ろからの競馬になりましたが、今回はしっかりと流れに乗って行く形でも落ち着いて走れていましたし、そういった点では成長を感じましたよ。この後はトレセンに戻ってよく状態を確認させていただければと思います」

 ※アナザーリリック 林徹調教師
 「おめでとうございます。パドックではどの馬も先頭を歩きたくないということで、アナザーリリックが一番前を周回する形になりましたが、馬は堂々としていて成長を感じましたね。前走は勝負どころで加速して行く時の反応が思ったほど良くなかったことから、今回はジョッキーも意識的に早めにエンジンを吹かして行くような騎乗をしてくれました。その甲斐あって手応え良く直線に向くことが出来ましたし、追い出されてからもしっかりと脚を伸ばしてくれて、着差以上に強い内容で勝つことが出来ましたね。津村明秀騎手は、『今日はテンションも落ち着いていましたし、返し馬での感触も良かったので、自信を持って競馬に向かって行くことが出来ましたね。後ろからの競馬になったものの、リズム良く追走することが出来ましたし、前走で反応がワンテンポ遅かったことからその点を意識して乗りましたが、良い脚を使ってしっかりと差し切ってくれて良かったです。今日は落ち着いて走ることが出来ていましたし、この感じならもう少し距離が長くなっても対応できるかもしれませんね』と話していました。新馬戦から津村騎手に続けて手綱を取ってもらって競馬を教えてもらっていることが良い方に向いているように思いますし、この先が楽しみになる走りを見せてくれました。この後については、以前右前脚に疲れが出てしまった経緯がありますし、このような馬場で走ったこともありますから、まずはよく状態をチェックさせていただきたいと思います」

桜花賞への切符

 桜花賞へはクラブ馬2頭が駒を進める結果となったのは非常にうれしいですね!
 アナザーリリックとジネストラへの出資者の皆様、おめでとうございます!
 是非とも好走を期待したいです!

よろしければ、ポチッとお願いいたします⇩

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました